Bon anniversaire,Maurice! ラヴェルのお誕生日会




本日3月7日は、フランスの作曲家モーリス・ラヴェルのお誕生日。
1875年にバスク地方のシブールで生まれ、国際色豊かで革新的な空気感のあった時代のパリで音楽を学び、エキゾチックで独立した作品をたくさん生み出したラヴェル。
そんな彼の生誕を祝い、お気に入りのディスクをご紹介。


エレーヌ・グリモー

ラヴェルを弾くピアニストの名演はたくさんあって、ベストは決めがたいけれど、コンチェルトで印象的なのはエレーヌ・グリモーの音楽。
こんなに”ト長調”の響きが似合う演奏家っていないんじゃないかと思ったピアニスト。
ジャズ調のテンションも、2楽章の穏やかなシーンも、ひとつの映画みたいにカジュアルに弾きこなす姿がチャーミング。
私は茂木健一郎さんが何かの著書で、「ラヴェルのピアノ協奏曲に邦題をつけるとしたら、『初恋』と名付けたい」ということを言っていたのが忘れられなくて、この曲を聴くといつも恋の始まりを思い出す。


Helene Grimaud: The Warner Recordings
(ワーナー・クラシックス)

パスカル・ロジェ

ラヴェルフリークなら1枚持っておきたい、ピアノ全曲集。
今日何聴こうかなと考える余裕がないときの、ワードローブ的存在のディスクがパスカル・ロジェのもの。
だって、《水の戯れ》も《夜のガスパール》も《鏡》も入ってるし!
シンプルかつ上質なピアノ曲が収められた1枚があれば、忙しい毎日も穏やかに過ごせるはず。


ラヴェル:ピアノ曲全集
(ユニバーサル ミュージック クラシック)

アルバン・ベルク四重奏楽団

弦楽四重奏は、あえて奇をてらってウィーンの精鋭楽団、アルバン・ベルク四重奏楽団(ABQ)をチョイス。ウィーンの伝統的な音楽も守りつつ、20世紀以降の音楽を積極的に取り入れている、現代音楽ファンが注目している楽団。
ABQが細部まで考え抜いて精巧に作り上げた柔和なラヴェルの音楽は、フランスの音楽家たちのカラフルな演奏とまた違い、新鮮な気分を味わえる。


ドビュッシー・ラヴェル:弦楽四重奏曲
(ワーナーミュージック・ジャパン)